ハロウィンの日には、意外な●●ナンパがイケる!!【超実践的】

スポンサーリンク

ハロウィン・・・なんて素晴らしい響きなんでしょうか。



ナンパ師である我々ギャルハンターにとっては、
この日に女の子のエロエロパワーが強烈にUPすることを
長年の経験上知っているのです。



都市部の人ならわかると思いますが、
この日は街の至る所で露出度満点のコスチュームを着た女の子
闊歩していますよね。



タダで若い女のパイオツや、
プリンプリンのケツを堪能しまくれます。

1945886341_89

多少のセクハラならオッケーよと、言わんばかりです。

そんなこんなで、
素人のカワイイ女の子が一年で一番エロくなる日
それがハロウィンという訳なんですね。


スポンサーリンク

1年で1番エロい日、ハロウィン

だから、毎年ハロウィンの日は、
悪友と街へ繰り出し、
ナンパやらセクハラまがいなことを仕掛けるというのが恒例なんですが、
去年はちょっと訳が違ってたんですよね。

ハロウィン 大混雑

何故かその日に
合コンがセッティングされちゃったという事態が起こったんです。



よく分からないけど、
合コン相手であるOLの彼女たちの都合で、
まさかのハロウィン当日に合コンが開催されました。

そうなると、
合コンの場だから
さすがにコスチュームバリバリで行くのも気が引けます。



よって、普段着で合コン会場へ。

まぁ、もちろんふつーに合コンを楽しみました。
結果ここでは、OLをお持ち帰りすることはできませんでした(泣。



で、女の子を行儀よく見送った後、野郎メンツが残る訳です。

仕方ないから、今日の合コンメンツの一人である、
●●証券に勤めるサラリーマン(36)と連れだって、
ナンパに繰り出すことにしたのです。

なんたって、
今日はハロウィンなんだから行かんともったいないでしょ、
ということで。


あえて逆張り戦略!

われわれはスーツと普段着の、ただのオッサンです。
こんな日じゃ六本木とか渋谷では、
普段の日とは逆に超浮きまくっていました。



ハロウィンでコスプレしている
エロいお姉ちゃんに声かけても、

僕らの格好が普通だから、
「ノリ悪~」って感じで相手にもされないケースが多くあり、
今日はもうおとなしく帰ろうかなと、
意気消沈しかけていた時のことです。



しかし!諦めるのはまだ早かった。

ハロウィン当日に普段着で街へ繰り出していることが、
功を奏する出来事があったのです。



何と、僕らみたく、
コスプレしていない普段着の若い女の子2人組を発見!
しかも、かなりカワイイ女の子たちでした。

ハロウィンでGetした美女

運良く交差点で信号待ちしていたので、
チャンスとばかりナンパしました。

すると・・・
「よかったー。普段着でいるのって、
あたしたちだけかと思って寂しかったんです」

と、ハロウィンに混ざり切れない仲間的な共感が一気に生まれ、
すんなり連れ出しに成功したのです。

正攻法ならば とは言え、ハロウィンに参加しコスプレを楽しみたい、という
メンズも多いはず。
コスチュームは『クリアストーン』で探すのが一番だ。
↓↓ 品数豊富クリック ↓↓




ハロウィンナンパの裏ワザ

もうすでにこの時間ですでに夜の12時を回ったくらい。

何でも、2人はナースらしく、勤務を終え、
クラブにでも行こうかーと、
ハロウィンの混雑ぶりとか街の状況とか知らずに来ちゃった様子。



何せ田舎のほうから上京してきて1年ちょっとっていうから、
さすがにハロウィンの日はこんなことになっているなんて、
分からなかったのでしょう。



早速近くのダイニングバーで意気投合。
もうノリノリです。
勤務明けということで、
彼女たちもハメを外したい感じ。



頃合いを見計らって、
カラオケへと連れ込みました。

密室の中、歌もそこそこに、
4人でイチャイチャ合戦が始まります。

BeautyPlus_20150929221736_save

「ナースはエロい」という
古典的な都市伝説を信じてきた僕ですが、それは事実でした!



もうテンションが上がりまくりで、
カラオケで指入れまで完了してましたから。

この頃で朝方6時。

そろそろ眠いということで、
カップルどうしで渋谷円山町のラブホへチェックイン



この日は金曜日でしたが、ハロウィンの日はラブホもガラ空き。

すんなり部屋を取れました。
もちろん、エロエロナースとお医者さんごっこを楽しみましたよー。

20150725112205017

と、そんな訳で、
正直コスチュームが苦手な男性諸君も多いと思います。

でも、今回の経験で感じたのですが、
あえて普段着スタイルこそが狙い目かも知れません。



これからは堂々と、
普段着でもハロウィンナンパを楽しもうではありませんか!



頑張ってハロウィンコスプレを決めていったところで、
結局は群衆の中に埋もれてしまうだけ。



逆に、コスプレなしの普段着で街へ繰り出してみると、
同じような女の子も必ずいるので、
そこをターゲットにナンパしたら勝手にマイノリティ仲間意識が生まれ、
楽勝なのではないかと感じた次第です。



まさに格言にあるとおり、
人の行く裏に道あり花の山ってことですな~。

検証結果
そういう意味では、こんなイベントの時には
必ずあぶれる女の子もいる。
そういう女の子が寂しさを紛らわせるために取る行動は・・・
そう、「出会いアプリ」にアクセスするのである。



毎年、ハロウィンの日には『ハッピーメール』で
かなりの数の女をゲットできるというデータもあるくらいだ。
↓↓ 流れに乗り遅れずにアクセスが吉 ↓↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加