男に生まれてよかった!

スポンサーリンク


男に生まれた喜び

「女性から全然モテないんですよ」、と凹んでいる男性から
相談されることがよくあります。
そんなとき必ず僕は、「男でよかったですね!」と励まします。
何故なら、
異性の気持ちを射止めることは、女性よりも男性のほうが
はるかに楽で、簡単なことだと思うからです。

では、ここで言う「モテる」という言葉の定義は
いったいどんなことなのでしょうか?
僕の場合、「モテる」とは、“狙った異性を射止めることのできる能力”と解釈しています。
この定義を前提に、読み進めていただければと思います。

一般的に、
男性よりも、女性のほうが、
異性に対する好みが多種多様です。
好みのバリエーションの数が多いともいえるでしょう。
そもそも、男が好きになる女性というのは、
おそらく、可愛いか美人で、スタイルがよくて、
若い女性であることに絞られるかと思います。
なので、チヤホヤされることは特定の女性に集中してしまいます。

それとは逆に、
女性の好みは、ビックリさせられるほど人それぞれ、と言っていいでしょう。
昔から、「美女と野獣」という言葉があるように、
街を歩いてカップルを見渡しても、
「えっ、何であの男があんな美人を連れているの?」と失礼ながら
感じてしまうカップルが多くみられます。
かくいう僕自身も、世の中の人からはそんなふうに思われているかもしれません。



つまりは、生まれながらのブサイクな外見だとしても、
男性には、容姿のイマイチさを挽回するチャンスがたくさんあるということです。
そして、女性側にしても、「カッコいい」と受け入れるバリエーションが
とてつもなく広い、という大前提を理解しておいてください。

どうですか、男に生まれてよかったと思いませんか。
恋愛寿命も、男性のほうが圧倒的に長いですしね。


スポンサーリンク

恋愛を諦めない男が、モテるのである!

意中の女性とネンゴロな関係になり、
あるとき自分の前に現れたちょっと気になる女性とも
いい雰囲気になる・・・。
将来、自分がそのような状態になりたければ、
とにかく恋愛や自分がモテる状態になることについて、
大いに興味を持ち続けてください。
そして、常に自分と向き合ってください。



一度や二度フラれた、ひどく袖にされたくらいのことで、
恋愛市場から脱落しないように。
恋愛にかぎらず、何か能力を獲得するまでには
必ずや壁にぶつかるものですから。
そこで立ち戻らず、前に進もうと考えて行動し続けられた人が、
モテる男になるのだ、と信じてアクションを起こし続けてもらえたらと思います。
実際、僕自身がそうでしたから、これは強く断言できます。

このブログでは、そんな行動し続けるモテ予備軍である男性のために、
渾身の力を振り絞って、有益な情報を届けていけたら、と願っています。
-----------------------------------------
Check フツーに、苦もなく女の子に出会えちゃうところが、このアプリの凄いところ。
いやはや、良い時代になりましたな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加