デブキャラ38歳(アラフォー)がやたら美女を釣りまくる【ナンパの手口】とは? ~教えたくないナンパマニュアル~ 

スポンサーリンク

現代の世の中、PCを開いてネットにアクセスすれば、簡単にいろんな情報が手に入る。

これは、ナンパ術もしかり。



ただ、ネットで拾ったナンパ術を実践できているヤツがいるのかといえば、結局は見よう見まねで、実態はかなりショボい。。。



成果なんて出せやしない代物がほとんど。
だからこそ、本当に使えるナンパ術を会得すべきなのだ。



今回紹介するのは、デブキャラでアラフォーと、ぶっちゃけモテる要素など全然持ち合わせていないブサ男が考案したナンパ術。



女との出会いに困り、考えに考えた末に編み出した、誰にでも再現性の高いナンパ術だ。



これまでは、門外不出だったこの戦法。



ただし、ここで紹介してしまったからには、みんながマネすると普遍化し、成功率も下がることが予想される。
だからこそ、これを読んだ人は、つべこべ考えずにただちに実行に移すことを強くおススメする。



行動する男のみが、オイシイ目にありつけるのだ】ということを肝に銘じてほしい。


スポンサーリンク

ネットナンパが基本。ライバル激少のSNSを狙う

ストナンができたら一番いいのだが、正直そんな度胸もないし根性もないという人がほとんどだろう。

実際、あなたもそうじゃないだろうか?



だが安心してほしい。
ここ最近、ライバルが極少すぎて、インターネットで簡単に美女が釣れる穴場的スポットをご存知だろうか??

その一つが mixi  だ。



「mixi」 なんていうと、「あー、昔よくやっていたなー」くらいに懐かしむ人も多いだろう。
だが、実は意外にまだまだ使えるのだ。



その手の内を明かすと、mixiの【☆ネイリストの卵☆】というコミュニティにアクセス。
ネイリストコミュ画像



そしてこのコミュニティに入る。



ここが美女のワンサカいる漁場だ。
mixiはFacebookと違って匿名性だから安心してネットナンパできるありがたい存在なのだ。



ちなみにネイリストの卵たちというのは、基本的には薄給で転職者が多い業界。
暇なネイリストがめちゃくちゃ釣れる。



しかも、美容に気を配った若い美女が多いのが特徴。




自信があるのか、顔写真をプロフィールに乗っけている女が多いので、気に入った女がいればメッセージを送ってアプローチする。



手口はこうだ。

●「男だけどネイル勉強しています」

●「彼女がネイリストなんですけど、もう別れそうで・・・。
相談に乗ってもらえますか?」

と、ネイルに絡めてメッセージを送れば、すぐに親密に仲良くなれる。



これほどまで簡単に、ノーマークで美女をつれるSNSはない。



ちなみに、こんな風な競争が少ない、「目から鱗」のナンパスポットの情報が、実はこの他に13個ある。



その情報を知らせてくれる【ナンパスポット】は一読しておくと良いだろう。



ノーマークなナンパスポットを知っておけば、もはや美女との出会いに困らなくなる。




実際にこの方法をオレも試してみた

早速mixi にアクセスして試してみる。
なるほど、ネイリストのコミュには、派手な若い美女が多い。
目移りしまくるが、手あたり次第にメッセージ攻撃。



すると、すぐに返事が返ってくる。面白い!!



会話のキャッチボールが弾みだしてからは、そのままmixi でやりとりしていても良いのだが、基本的にはLINEのIDを聞き出し、LINE でやりとりをするように促す。



ここまで来れば、アポ取りは簡単なので、「よかったら、今度メシでも食べながらいろいろお話し聞かせて!」とやれば一丁あがり。



LINEでやりとりしている段階で、とことん女の感情を揺さぶり、Hまでの距離を縮めておくことが肝心だ。



レベルの高いLINEコミュニケーション例

レベルの高いLINEコミュニケーション例




この布石をしっかり打てるかどうかで、【アポってから即H】の確率が変わる。



とは言え、「コミュニケーション術に関して自信がない」という人は、是非ともこのマニュアルを参考にしてもらいたい。



LINEの特性を生かした、女の感情をコントロールしていく【会話テンプレ】が多数用意されている。

そしてその効果は驚くほど高い。



誰にでも再現性が高いことがビビる。ホント、裏ワザすぎて、こちらも正直なところあまり広めたくないというのが本音なのだが・・・

⇒ 『激モテLINE術』



以上、“ある情報”を知ってさえいれば、いとも簡単に、タダで、美女と出会えるのだ。

それはイケメンだろうがブサ男だろうが関係ない。
あるのは行動のみ。

行動することで、あなたのSEXライフが豊かになっていくのだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加