坂口杏里と六本木のラウンジで飲んで騒いで、最後に●●●した話 ※渋谷追記あり

スポンサーリンク

ほんの2か月前には世間をおお騒がせさせていた、坂口杏里嬢
いまじゃ、ちょっと旬が過ぎた感がありますが。。。



いやはや、時間の流れというのは年々、早くなっていきますね。
いろんなゴシップが世間に流布されまくるから、最近じゃ1か月前の話題なんて、
随分と前のことに感じちゃいますもんね。



さて、坂口杏里ちゃん。
とても元気にやっているようで、ツイッターではこんなことを
発信していました。


そして、


そうはツイッターで呟いているものの、、彼女は気まぐれなので、
いつ辞めてしまうか、正直心許ない部分もあるので、
【善は急げ!】とばかりに行ってきましたよ。



芸能人(単体AV女優)と密着して飲める機会なんて、
人生そうそうないでしょうから。。。


坂口杏里が勤務しているラウンジに。
今回はそのレポートを徹底的にレポートします。

スポンサーリンク

坂口杏里が在籍しているラウンジとは??

六本木ミッドタウンの真ん前にあるビルの6Fに入っている、
Eichi』というお店です。

「六本木ミッドタウン前」交差点の目の前のビルなので、わかりやすいです。



ただ、6Fには違うテナントがもう1つ入っているので、
ビルのエントランスに掲示されている看板はその分、半分になっています。
よって、看板が小さくて見落としやすいので注意です。



お店の形態としては、「ラウンジ」ということになりますね。
キャバクラとほぼ同じ、という認識で大丈夫ですが、
キャバクラよりかは若干お値段が高くなることを覚悟しておいてください。


ちなみに、そもそも僕はキャバよりラウンジ派です。
理由は、ごくごく日常で出会うような美人の女の子が、
フツ―の格好で接客してくれるからです。

まるで合コンのようです。
キャバクラのような、ドレスアップして髪の毛モリモリ、といった女の子はラウンジにはいません。
女のクオリティが高い、ちょっと当たりの合コンに来た、みたいな感じがラウンジのイメージです。


いざ入店!!そのためには●●●が必要だ!!

『Eichi』というお店の場所とかがわかっているから、
勇んで行こうとするあなた、ちょっと注意があります。



この『Eichi』は、どうやら【紹介制】のお店なのです。
なので、お店に入ろうとしたら、男性スタッフに止められ、

店員さん
どなた様のご紹介でしょうか??

となります。

そこで、僕はテキトーに
カズさんの紹介で・・・モゴモゴ
店員さん
当店は会員制のお店で、紹介がないと入れないんです

などと、店員さんがキッパリと言い放つではありませんか!



しかーし!!

店員さん
カズさんにちょっと思い当たりがあるので、
名刺をいただけませんか?そうしたら、入店可能です
と相成りました。
ここで、間違っても、
坂口杏里が在籍していると聞いて、来ました

ーー なーんて言ったら、間違いなく怪しまれて
入店拒否されたでしょう。

坂口杏里と飲みたい!口説きたい!というあなたは、
上記の点に気を付けてください。
名刺は絶対に持参してくださいね。

あと、紹介者名を聞かれたときの対応の準備をしておくことです。

お店の印象やおススメ時間は?

お店に入ったら、広さは割とこじんまりとした感じですが、
内装にはちゃんとお金をかけている感じです。
シャンデリアが配置され、なかなかゴージャスです。



女の子と話すのに夢中で、肝心のお店の中の写真を撮り忘れましたが(;^_^A、
トイレはこんな感じです。




さて、僕は友達と二人で、とある火曜日の22時ごろ行きましたが、
僕ら以外にお客は誰もいませんでした。



しかし、在籍している客待ちの女の子は、ざっと20名くらいはお店にいた感じでしたよ。
しかも、かなり可愛い女の子だらけです。

最初に、僕らには杏里ちゃん以外の女の子がつきました。
この子たちも、女子アナ志望の女子大生と、某アーティストのバックダンサーという2人でした。


そこで、彼女たちに坂口杏里情報を聞き出しました。
一緒に働いている彼女たちいわく、

同僚嬢
ほぼ毎日出勤してるよ。私たちにも気さくで、めーっちゃいい子

とのことでした。



という訳で、おススメの時間は、22時ごろに行くと、
お店がガラガラで、なかなかいいのではないでしょうか。
坂口杏里を独占できちゃいます。



ちなみに、坂口杏里以外の女の子もレベルが高くてかなりおススメです。
こういったところが、ラウンジの良さです。
キャバのように、厳しいノルマがないので、
女の子が気楽に働ける ⇒ レベルの高い女の子が集まってくるという図式です。


杏里ちゃんとご対面!!

入店してからある程度の時間を過ごしたら、いざ、店員さんに「坂口杏里」を指名しましょう。
全然、余裕でつけてくれますよ。

僕は坂口杏里が現れた瞬間、「わ、本物だ!!」と叫んじゃいました(笑)
さすがに、芸能人オーラがありましたよ。


坂口杏里ちゃんはかなり気さくで、話好きな女の子といった印象でした。
性格もなかなか良いんじゃないかな?
なんか、テレビで印象操作されていますけど、ごくごくフツ―の女の子といった感じですよ。
やや寂しがり屋さんなのかな?って感じもしますが。



あと、お酒が大好きです笑。
一緒に飲んでいたら、じゃんじゃんオーダーされちゃいます(;^_^A
でも、飲んでいたら常にゴキゲンなようで、会話が弾んで楽しい時間になることは間違いないです。



そんなこんなで僕は彼女と2時間ほど飲んで、お店を出ました。
え、LINE交換はしたかって???

もちろん、杏里ちゃんのLINEをゲットです!!

さっそく、やりとりしていますよ。
近いうちに、同伴するかもです。ドキドキ。
せっかくLINEを交換したので、ここからはプライベートモードで
杏里ちゃんを攻めていこうと思います。

何とか落としたいです!!(鼻息荒い(*^^*))


お会計は、3時間ほどお店で飲んで、2人で6万8千円でした。
まぁ、六本木だからこんなもんじゃないでしょうか。
杏里ちゃんと飲めて、ミーハー心が満たされて大満足でしたよ。



ちなみに、僕はこの奥義を読んで、『Eichi』へ颯爽と行きました。
⇒【キャバクラ嬢を惚れさせる一撃法】

この中で詳しく解説されていますが、、会話のキッカケ作りフレーズ「●●●●」が、
今回もかなり効果的でした。
杏里ちゃんも、そのフレーズから態度が一変したのにはビックリでした!!

ANRIさん(@anri6450)がシェアした投稿



せっかく『Eichi』に行くんだったら、
先にこの【キャバ嬢を一撃で落とすマニュアル】を読んでマスターしておくことをおススメしますよ。
これくらいの投資は、絶対損にはならないっていうことを断言できますね。


※ 2017年9月21日 追記

コンサル生と共に、坂口杏里が移ったキャバクラ「渋谷SEASIDE(渋谷シーサイド)」へ行ってきました。
もちろん、坂口杏里を指名しましたよ。
僕らは平日の12時過ぎにいきましたが、この日は初めての指名だって言ってました。



彼女の源氏名は、「アンナ」といいます。
本当は本名でやりたかったみたいですが、店長からNGが出て、仕方なく源氏名を使っているとのこと。


ほぼ毎日出勤していて、店の他のキャバ嬢とも何とかうまくやっているようです。

彼女のキャバ嬢っぷりですが、「良くも悪くもキャバ嬢していない」、という表現で伝わるでしょうか?
いちいち客に媚びませんし、接客中でも、あろうことかスマホをずっといじっていたり、平気でタバコを吸います。



ただ、LINEの交換にはあっさり応じてくれます

芸能人の連絡先が自分のスマホに入る瞬間は、ちょっと興奮しますね(^^♪。
それからなんと、雑談LINEのラリーの応酬です。
スタンプもバンバン送ってきます(笑)。
彼女、根っからの寂しがり屋なのかもしれませんね。



こちらが大げさに褒めると、すごく嬉しい表情を浮かべちゃいますからね。
アフターへのお誘いはウエルカムらしく、すぐにホイホイついてきます。



杏里のような、こういった属性は、このマニュアルを活用できそうですぞい。



芸能人を抱いて、武勇伝を作ってみるのもいいのではないでしょうか。
多分、イケそうな気がします。
庶民にとってこんなチャンス、一生のうちに一度あるかどうかですよね。

どうせすぐにキャバ嬢も辞めてしまうと思うので、まだ在籍している今のうちに急いだほうがいいかもです。

⇒ もちろん、キャバ嬢落としのマニュアルをアタマに入れていくことを忘れずに!!



実践あるのみ!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加