モテハック/フィジカル編 その1  ~カリタスが実践している日々のルーティンを紹介~

スポンサーリンク

ボクシング試合写真

本ブログは女性にモテるための実践的な内容を網羅することを標榜し、有意義な情報をお届けすべく執筆しています。

ただ比較的、マインド面に関することや抽象的なスタンス(考え方)についての記事が多くなっている傾向があるので、今回は具体的な内容をシェアしたいと思いました。

僕自身、ルックスにはとてもコンプレックスがあるので、何とか標準レベルくらいにはなりたい!と思って努力してきました。

その甲斐もあって、いまではたまにイケメンと呼んでもらえることもあります。
あくまでイケメン“風”なのですけどね。

生まれつきイケメンでなくても、努力すればある程度、女性ウケするルックスは築き上げることができるのだ、ということで僕が日々おこなっていることを紹介します。

スポンサーリンク

■ フィットネスジムでのトレーニング・・・

ここでは、大きな筋肉を鍛えることのみに専念しています。
一回のトレーニングにつき、4~50分程度を週3日といったくらいのペースで通っています。
一回あたりは短い時間ですが、ほんのちょっとした隙間時間に行くことで、とにかく継続してトレーニングすることを意識しています。

具体的には、①ベンチプレス、②腹筋、③スクワット(太ももの筋肉強化)と、この3つだけを集中してこなすのです。

この3つのメニューだけでも、きちんと続けることで男らしいボディが作り上げられるのです。

「ジムに通うのが面倒くさいな」と感じる大きな理由は、何をやっていいのかわからないことに起因していることが多いものです。

ただ漠然とメニューをこなそうとするので、それが“キツイ”というネガティブなイメージを作ってしまい、通えなくなるのです。
まずは、ベンチプレスのやり方をジムのトレーナーからレクチャーを受けてマスターし、自分の体重くらいのウエイトを挙げることができるようになれば、ひとまず目標クリアです。

目標が立てづらいという人は、ライザップの返金保証プログラムに打ち込んでみるのはいかがでしょうか?


それくらいの覚悟がなきゃ、美女なんて抱けるようにはなれないですよ!!

■ ボクシングジムも気軽に挑戦できる

フィットネスジムで見える筋肉を鍛え、魅せるボディを作ったら、今度は身体を絞る有酸素運動を取り入れましょう。

ダイエット的な感じです。

そのためにはジョギング、ランニング、ウォーキングなども候補に考えられたのですが、僕はボクシングジムに通っています。
どうせなら、有酸素運動で身体を絞るついでに、強くなれればいいなという感じです。

ボクシングジムというと、強面の男どもが集っていてとても敷居が高そうに感じるかも知れませんが、実際は全くそんなことはありません。

ボクシングジムも商売でやっているので、お客様(会員)が神様なのです。
ちょっと見学にでも行ってみれば、とても丁寧に歓迎してくれます。

トレーニングの内容も個人のレベルに合わせておこなわれ、自分のベースで練習できるところがほとんどです。
ハードな有酸素運動をやることになるので、みるみる痩せて、3か月くらい続ければカッコいい身体つきになってゆきます。

さらに、いざというときに好きな女性を守れる強さも身に着いているのです。

 

以上、外見面で自分の魅力をアップするために僕が実践していることをお伝えしました。

男だってある程度見た目も良くないと、女性に恋愛感情を抱かせるのはハードルが上がってしまいます。

したがって好みの女性とベッドを共にするためには、自分自身を常に磨いていかないといけません。

そのためにできる限りの努力は欠かさないようにしたいものです。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加