【第二章】ブサ男が美女とSEXに至るまでの戦略論

スポンサーリンク

男が女を口説く風景

前回の記事では、好みの女性に出会ったときに、どのようなマインドでいるべきかを話しました。

第一章で伝えたことに付け加えるなら、美女に遭遇したときに、いちいちうろたえるな、ビビるな、ということです。



そういう男の態度に、美女は数えきれないほどしょうもない男たちで経験しています。
だからこそそんな態度をとってしまった瞬間に、同類とみられてしまい落第なのです。

ただし、上目線からオラオラで行けと言っているわけではないので誤解しないように。

あくまでジェントルな振る舞いを忘れてはいけません。


スポンサーリンク

ブサ男が美女を落とせる理由

さて、前回の記事の続きです。

あなたのモテない友達に
何でこんなにやさしくていいヤツなのに、女には伝わらないのだろう?
という男はいませんか?

僕らは、その友達のことは長い付き合いなので、いい面をたくさん知っています。

身体に沁みて理解しています。

そう、【ブサイクな男は、自分の良さを相手に伝え、魅了させるまでに、時間がかかる】のです。
優しいとか、思いやりがあるとか、

そんな部分が相手に伝わり、理解されるにはかなり時間がかかるのです。



ビジュアルとか、経済力とかは、わかりやすくて会った瞬間に伝わります。
即効性の魅力です。



でも、本来相手を選ぶ際に重要視しなければいけない「優しさ」とか「思いやり」って、会った瞬間はまったくわからないものなのです。



このように文章で書いたら当たり前じゃん!ですが、いざ土壇場の場面になると、みんなこの原則がスコーンと頭から抜けてしまいます。

ブサイクな男と深い関係になった女の子たちに聞いてみると、全員「最初は彼が恋愛対象になるなんて、これっぽっちも思わなかった」と口を揃えます。



まぁ、考えてみたらこれも当たり前ですよね。
みんな、じわじわと、段々と、徐々に好意をもっていくものなのです。



だから、あなたの良さも、じっくりじわじわと、ターゲットとなる女性に伝えていけばよいのです。
本質的な人間の中身の良い部分を確実に伝えることができたら、今度は女性があなたから離れられなくなりますから。



僕自身も、最初は女性から「恋愛対象外」の烙印を押されたとしても、そこから確実に良い印象を与えるべく、好意を寄せてもらうようなアクションを繰り返していきます。

そして最終的に「好きに」させているのです。



だから、美女と出会ったとき、おそらく最初に食らってしまうであろう“塩対応”などは、
いちいち気にしなくていいのです。そんなことに動揺は不要です。

「コイツ、いまに見ておけよ、ヒーヒー言わせたるからな」って、
心の中で呟いておいてください(笑)。



いいですか、ブサ男が美女をGETする道はただひとつ。
【最初はイマイチすぎたけど、だんだん印象がよくなってきて、結局付き合っちゃった】
っていうふうに思わせることです。

次の記事では、具体的なアクションプランをお伝えしていきます。
-----------------------------------------
check 出会い増やすために、とりあえず登録しておきましょう。たまには合コンもいいでしょ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加