即実行できる、出会い系サイト完全攻略マニュアル その2   ~プロフィール文で勝て!!~

スポンサーリンク




出会い系完全攻略マニュアル その1では、
プロフィール写真について解説した。

そこで次に、プロフィール文についても触れておきたい。
ここでは、絶対に言うとモテなくなる【禁句】について、
話を進めていく。

ちなみに、ここでいう出会い系サイトは、
Facebook 連動サイトの「Pairs」「omiai」
あとは「ハッピーメール」などの、
優良出会い系サイトを利用することを想定して話を進めていく。
checkまだ入会していない人は、下記からチェックして、入会してみてほしい。





さて、上記出会い系アプリで女性からメールをもらうには、
プロフィールなどで【多くの人と違う表現をする】ことがマッチング成立確率をアップさせる。



その1でも触れたが、美女はとにかくライバルが多い。
アタックしてくる大勢の男どもに、
自分が埋もれてしまわないようにする意識が大事なのだ。



だから、こちらもまず、
ライバルとなるほとんど多くの男性がどのようなプロフィール文を掲載しているのかを知り、
それらと違う方向性のものにしていくのが、よい結果を導くということになる。

さて、多くの男性は出会い系サイトで
どのようなプロフィール文を掲載しているのかというと、
以下のような感じだ。

あなたは、これらに当てはまったりしないだろうか?



●パターン1

【タイトル】こんにちは

僕と一緒に楽しく時間を過ごしてくれる人はいないでしょうか?
メールのやりとりだけでも結構です。
身近な話題や、日頃のたわいもない話で
楽しくお話できたら嬉しいです。
よろしくです!



●パターン2

【タイトル】 誰かいい人いませんか?

仕事は会社員をしています。週3回ジムに通っています。
いつも1時間連続休憩なしのランニングマシンで流しています。
ちなみに元陸上部です。
長距離走は私の生涯スポーツです。目下、ダイエット敢行中。

あと、こう見えて恋愛ドラマ大好きです。
HEROから始まって、プロポーズ大作戦、流れ星、ブザービート、
オレンジデイズ、歌姫、101回目のプロポーズと
くまなく観てきました。

最近テレビで復活したHEROの初回を観たけど、
かなり良かったです。
こんな僕でよければ仲良くしてください。



●パターン3

【タイトル】 このサイトで、いい出会いを見つけたい!

僕はスポーツするのも好きだし、音楽を聴いたりするのも大好き。
家でまったり過ごすのもいいですね。
出会いがなかなかなくて、休日はひとりで過ごすことが多くて
結構さびしいですね。

性格はどちらかといえば、おとなしいほうとは人から言われます。
でも、慣れてくるとそんな感じでもなくなるらしいけど・・・。
とりあえずはこんな感じですが、気軽にメールください。



●パターン4

【タイトル】 まずは気軽にお話ししてみませんか?(^^)」

~自己紹介~
・75Kgなので、結構ガタイがいいです^^;
・ドライブでの遠出が好きです。
・どちらかというとアウトドア派だと思います。
・休日に昼寝することは幸せだと思います^^;
・おっとりしていると人から言われます^^;
・お酒は弱いけど、焼酎はたくさん飲んでしまいます^^;
・手先は不器用です^^;
・男の割にはマメにメールするほうだと思います。
・仕事は営業で、曜日はバラバラだけど週休2日です。
・明るくて、感情豊かな笑顔のかわいい女の子が好きです。
以上、4つのパターンは実際の書き込みでありがちなものを例に、
悪い見本として取り上げてみた。



結論から言って、
上記の4つは全て「女性からのアクションを期待することは難しい」と断言できる。



その理由こそは、今回議論に出している出会い系サイトだけでなく、
実社会にもつながる話だから、心して聞いてほしい。


スポンサーリンク

男が、死んでも口に出してはいけない禁句とは

さて、あなたは上記4パターンの中で
一番返信がないものはどれだかわかるだろうか?
答えは、どれもあまりいいとは言えないが、
一番返信がないものは「パターン3」だと推測する。

なぜならば、
【絶対に口に出してはいけない禁句】を書いているから。

その禁句とは、
「さみしい」、「出会いがない」というフレーズ。



この言葉で女性から「共感」を呼びたいのかもしれないが
、果たして、こんな言葉を口にしているような、
みみっちい負け組の男性に女性は魅力を感じるだろうか?



さみしい、出会いがない・・・。



確かに、だからこそ出会い系サイトにアクセスしたのだろうが、
こんな言葉を口に出して言ってしまう男性に
付いてくると考えるほうが間違っている。


アタックした女性から返信が来ない理由

プロフィール文での悪い例はほかにも、
「恋人募集中」、「返事は確実」、「仲良くなったら遊びに行きたい」
などが挙げられる。

これらのフレーズは、
つい書いてしまいがちだと思うので、絶対に気を付けてもらいたいのだ。

普遍的な真理を整理すると、
基本的に女性は【男性に付いていきたい】という願望があることを忘れてはいけない。



だから、男は情けなさがにじみ出ている文章を書いた時点で、
即アウトである。



また、よくあるダメなパターン文例として、

●男性のプロフィール文「たくさんの方からメール待っています!」

女性のツッコミ「たくさんのうちの1人になれってことか?」



●男性のプロフィール文「気が合えば、カラオケでも行きたいね☆」

女性のツッコミ「会ってから密室に移って、その後、何を企んでいますか?」



●男性の書き込み「毎日暇しています」

女性のツッコミ「一緒にいて絶対退屈な男に違いない」

という印象になってしまうので、
これらのフレーズは絶対に書かないように。


多くの人がやってしまう禁句フレーズとは・・・

この他にも、プロフィールに書いてはならない禁句がある。
残念ながら実に多くの人が書いていて、
禁句であることに気づいていない。
現に先ほど例に挙げた、プロフィールの上位4パターンで、
4人とももれなくやってしまっている共通点だ。

4人に共通している禁句フレーズが何かわかるだろうか?



その禁句フレーズとは一体何なのか。
それぞれ抜き出してみる。



●パターン1の禁句
「楽しい時間を過ごしてくれる人いませんか?」

●パターン2の禁句
「誰かいい人いませんか?」

●パターン3の禁句
「いい出会いがあるといいなあ!」

●パターン4の禁句
「明るくて、感情豊かな笑顔のかわいい女の子が好きです」

さあ、これらに共通しているマインドとは・・・?



その共通点とは、
【女性が自分に何かを与えてくれることを求めている】ということだ。

これはかなり重要なので繰り返して言う。



モテる男は
【自分がどうやって相手に与えようかを考える】

モテない男は
【女性のほうから、きっと自分に何かを与えてくれると勘違いしている】


決定的なモテない男の思考

勘違いして欲しくないが、
もちろん女性は男性にたくさんのハッピーを与えてくれる。
しかし、それはあくまでも「この人についていきたい」と
女性が思った男性に対してだけである。



そして男性がそう思われるには、
まずは男性から女性に何をしてあげられるかを考えて、
与えなければならない。



それなのに、いきなりプロフィール文で
「僕を楽しませてください」的な記述をする人が
本当に多いことにウンザリする。



書き込んだ男性に悪気はないだろう。
男性側にだって、
どんな恋愛をしたいかという願望は当然あるのだから。



しかし、男性が自分の願望を叶えるのは(たとえばSEXとか)、
男性が女性に与えた結果としてついてくるもの。
このマインドに切り替えないと、
どんなテクニックを覚えようと無駄になってしまう。



だからこそ前述したような禁句フレーズを書いてしまうと、
女性からの返信はないと心がけよ。
今回話したマインドは出会い系サイトだけには留まる話ではないから、
とにかく心に刻んでおいてほしい。
check——————————————————————-check
Facebook 連動だから、出会い系に慣れていない、
素人系女子がいっぱいいることにビビります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加