26歳処女、でも【超美人】という感動の女性と一夜を共にした経験談【実録】

スポンサーリンク


僕は出会い系サイトをうまく使いこなしているせいか、女に困ることがない人生を過ごしています。

しかし僕の人生における一生分の運を全部使い果たすような経験をしてしまったので、ご報告させていただきます。



まず、その相手となった女性は、石川玲美さん 25歳です。

これはもちろん仮名でしょう。

玲美さんの職業は某大手携帯電話会社の本社で受付のお仕事をされているとのことです。



玲美さんと知り合ったのは『ハッピーメール』のピュア掲示板です。
玲美さんが友達募集の欄に投稿しており、それに僕が返信したことが始まりでした。



ハッピーメールでは、掲示板の書き込みにとにかく返事をしていくというのが、僕が編み出した昔からのテッパンの作戦なのです。

これを愚直に実行するだけで、月に5、6人くらいは軽くアポれて、セ●クスまで持ち込めます。



今回もその作戦がまんまとハマったという訳です。
それは玲美さんが誰にも言えない趣味を持っているらしく、その趣味を共有できる友達が欲しかったという一因も大きかったとは思いますが。


スポンサーリンク

2人の距離を急速に近づけた、ある趣味とは??

その趣味とは・・・アニメとアイドル。
彼女は超がつくほどのアニメオタク、そしてアイドルオタクだったのです。



高校生の頃、超絶アニメオタクの女友達がいたらしく、その友人とアニメフェスやコスプレフェスに参加しているうちに、気づいたら自分もオタクの仲間入りをしたと言っていました。

しかし、大学時代にも同じ趣味の友達は全くできず、社会人になってもそれは同じだったそうです。
まぁ、世の中意外にオタクは少ないものですね。



ちなみに僕も恥ずかしながら某国民的アイドルAKBの大ファンです。
それが二人の距離を急接近させてくれました。



何度か一緒に食事をするようになり、ネットカフェのカップルシートでAKBの動画を探るようになりました。

カップルシートで密着した時間を過ごすのですが、この段階では緊張してなかなか手を出すことができなかったのです。



そして、運命の1日となったのがAKBのコンサートでした。一緒にコンサートを見に行き、その後居酒屋でその日のコンサートについて語っていたら終電を逃し、仕方がなくそのままの流れでホテルに一泊することになったのです。


遂に念願が叶った、夢のような一夜・・・

そして今更ですが、玲美さんは誰が見ても振り返るような超美人さんです。
風俗嬢だろうが、何だろうが、こんな美人の女性とエッチしたことがなかったので、嬉しさと緊張で本当にドキドキしていました。



しかし、そんなドキドキをも飛んでしまうような言葉が玲美さんの口から発せられました。それは「わたし、これまで男性経験がありません。お手柔らかによろしくお願いします」という、まさかの【 処女宣言 】だったのです。




25歳でこれほどの美人が今まで 処女だったなんて、誰に言っても信じないでしょうが、玲美さんの言葉は本当でした。



もちろん、僕も玲美さんも中途半端な気持ちでセ●クスした訳ではありません。今でも恋人として正々堂々お付き合いしています。

だって、こんな美人はAKBのメンバーにもいませんからね。



⇒ ハッピーメールのピュア掲示板は、「可愛い子と出会える!」と評判高いです。
まずはコチラからハッピーメールに登録して、ピュア掲示板を覗いてみましょう。
上記から登録すれば、無料お試し1200ptがもれなくもらえるのでオトクです。



美人受付嬢かー。羨ましいぞー☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加