SM好きの少女を陵辱しまくった話/横浜【実録】

スポンサーリンク


俺は今まで女の手や足を縛ったり、目隠しをするくらいの軽いSMプレイなら経験があった。
そういうのは、実はハプニングバーでしょっちゅう経験がある。

横浜 ハプニングバーで確実にSEXするための【完全ノウハウ】とは・・・
横浜はハプニングバー激戦区である。 割と狭いエリアにひしめき合うようにハプニングバーが密集しているので、 数時間のうちに徒歩でハシゴする...

だが、今日みたいな本格的なSMプレイを体験したのは初めてだった。
それが出来たことに興奮した俺は皆に自慢したくて、思わずコチラへ投稿した次第である。


スポンサーリンク

真性どMの少女と出会い、陵辱にまみれたプレイ

俺の話はというと、とある出会い系サイトで知り合った少女とホテルに行くことになった。

まぁここまでならフツーなのだが、ホテルに入りセックスをしていると、この少女が極度のMであり、これまでにも出会い系サイトで多くの男性と会い、そのたいていの男とSMプレイをしていることがわかった。




念のために言っておくと、ここでは便宜上【少女】と呼んでいるが、ちゃんと20歳以上の女性だから。「児童なんちゃら条例で捕まるのでは」という心配は一切ご無用である。



ちなみにこの少女は21歳で「援」などでなく、ハッピーメールで知り合った女性である。
向こうから、プロフィールを見て俺のほうにアプローチをかけてきてくれた。



俺はSMプレイに関して言うと、ほとんど興味がある方ではないのだが、この少女の体験談などをベッド上で聞いていたら、無性にこの少女を虐めてみたいという感情が芽生えた

そんくらい、虐め甲斐がある女のようなルックスをしていたのだ。



そのホテルではバイブなどの大人のオモチャを販売しており、もちろん拘束具もかなりのラインナップで販売されていた。

手足用で少し割高だったけど、どうしても虐めたい感情を抑えることができず、思わず購入してしまった。
こんなところまできて、ケチっていてはいけない。



そこで早速、彼女を四つん這いの形にして、手と足の自由を奪った。

その格好をさせるだけで、この少女が今までと違った感じ方をしていたのは良くわかった。

彼女はきっと真性のドMなのだろう。
手足の自由を奪った状態でワンワンスタイルから、とてつもなく大きなバイブを挿入してあげた時である。

少女が

少女A
お尻を思いっきり叩いてください

とお願いしてきた。

最初は手でバシバシと少女のお尻を叩いていたが、どうやら少女は満足していないらしく

少女A
もっと強く叩いてください

と懇願してきた。



そこで俺はスーツのベルトを取りだし、そのベルトを鞭の代わりに思いっきりお尻を叩いた

大の男が全力をあげて叩いているのだが、それが彼女にとっては何故か気持ち良いらしく、少女はこれまでよりも数段大きな声で喘ぎ始めた。



その声に興奮してしまい、それから先のプレイはあまり記憶がないのだが、プレイが終わってみると少女のお尻は無数のミミズ腫れのようなひどい跡が残っていた・・・。




⇒ <ヒント>ハッピーメールの「SM掲示板」をチェックしてみよう。
https://happymail.co.jp/
↑↑ コチラからの登録で、無料お試し1200ptゲットできるからオトクです!


SM掲示板・・・イイこと聞いたぞっ!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加