モテない君あるある!!女性とのコミュニケーションでの、よくある間違い

スポンサーリンク

「男と女の脳みそは違う」―――
世間ではよくそう言われるが、自分レベルに噛み砕いて理解し、それを意識した振る舞いをしている人は、圧倒的に少ない。

女にモテたければ、女を理解しなければいけない。

・・・という訳で、今日は、男が犯しやすい、男女のコミュニケーションミスについて話を進めていく。

スポンサーリンク

男女脳の違いを意識したコミュニケーション術

たとえば、女性からふと質問されたとき。
たいていの男性は、その質問に対してストレートに答えてしまう。



こういう男は、女性からどう思われるか?

「女心がわかってない」、「気が利かない」とか、
「会話のセンスがなくてつまらない」と思われてしまう。




こんな烙印が押されてしまえば、確実にモテない。



では、なぜこんなコミュニケーションミスが起こってしまうのか?

それは・・・
女性は、投げかけた質問に対して、
そのままストレートに正解を返してほしいとは考えていないのだ。

アタマ固い男にとっては、驚愕の事実だろう。



例えば「人間関係の悩み」系の相談だった場合・・・
男性が自分の経験や、読んだ本からの知識などで、一生懸命誠実に解決策を話したとする。

すると悲しいかな、
女性は「それを実行するのが面倒くさい」と感じてしまい、
テンションがダダ下がりしてしまう結末にorz。
こういう場合、女性が求めているのは、
“実はただただ話を聞いてもらいたいだけ”ということを理解しておくとよい。



また、「どうやったらできるの?」系の話の場合・・・
女性が期待しているのは、そのやり方を教えてもらうことではなく、
「俺に任せて。全部オレがやってあげるから」と言ってもらうことだったりするのだ。



さらに「仕事は何?」とか「どこ住んでいるの?」系の単純な質問の場合・・・
女性が期待しているのは、ストレートな答えではなく、
ユーモアのある、少しひねった面白い回答を期待しているから厄介だ。



以上の話から、
女という生き物は、実に面倒くさいということがわかっただろう。



しかし、だからこそ読者諸君が、
女性から質問を投げかけられた時には、
大きく一度深呼吸をし、
落ち着いて最適な回答を返せるように心がけてほしいものである。



会話の流れに一手間をかけることができるかどうかが、
モテる男になるか、モテない男に留まるかの分岐点だ。



リーマン面接官の質問に答えるかのごとく
味気ない回答を返しているだけでは、
女性から極めて頭の悪い退屈な男と判定されてしまうのがオチ。



モテる男を目指すなら、細心の注意を払って、
女から投げかけられた質問の本質に、十分気を付けてほしい。

女との会話って・・・ あー、何てめんどくさいんだ!!

※モテるために成長していく、恋愛メルマガ(完全無料)

>> ブサイクでもヤレル男! メルマガ登録 <<


  • このエントリーをはてなブックマークに追加