不倫願望あり、性的な欲求マンマンの女性を、高確率で見つける方法

スポンサーリンク

不倫相手セックスフレンドを探すコツがありました!

行動するか、しないかのどちらかというレベルで、かなり精度の高い情報を教えます。



それは・・・各地で不倫パートナー探しの温床になっている集まりがあるんです。
基本的に、こんなコミュニティに参加する女性は、不倫願望アリアリだと認識して間違いはないでしょう。

不倫願望人妻


そんな不倫願望のある女性と効率よく出会ったら、気が合えばソッコーでその後の話がついちゃいます。
こんなおいしい話はそうそうないですよ。

という訳で以下、不倫欲求のある女性を高確率で見つける方法をご紹介します。
狙う魚がちゃんと泳いでいる池で釣りをしなければ、成果は得られないですからね!

スポンサーリンク

不倫願望の女性が集うコミュニティ

ここまで読んでこられた方は、「本当にそんなオイシイ話なんてあるのか!??」なんて思われていることでしょう。

でも、実際にガチでありますよ。
それは・・・【既婚者飲み会】というコンセプトの飲み会に参加することです。

不倫願望人妻のオッパイ


ではなぜ、こんな飲み会に女性がワンサカ参加するのか??

女性は結婚してしまうと、独身時代に比べて出会いが圧倒的に減ってしまいます。
それに加えて、結婚に対して抱いていた理想と現実が大きくかけ離れていたなど、ほかの男性に出会いたいという願望を持つようになってしまうのです。

そういった既婚者のマッチングを行なっているのが、既婚者飲み会や既婚者サークルと呼ばれるもの。

そんなサークルの、代表的なものを下記にてラインナップしておきますね。



●既婚者サークルAlice

https://alice-circle.com/
東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする既婚者サークルで、月に何度も飲み会が開催されています。



●既婚者のための出会いの場『Belle de jour』(日本全国版)

https://belle-de-jour.com/

こちら、「不倫専用SNS」として名高い老舗。
女性会員のほうが圧倒的に多いことからも、日ごろストレスを抱えている既婚女性が、エロ目的で利用していることがよくわかります。

メールアドレスとカンタンな登録を済ませたら、あとは不倫願望女性からお誘いのメールを待つだけ。
登録当初は何も音沙汰がないことが多いですが、忘れたころに、思わぬエロい出会いが起き得る、、、そんなSNSです。





●キラクコン

http://kikonsha-gocon.com/
こちらも首都圏を対象とする既婚者飲み会を実施しています。ただし、Aliceに比べると開催頻度は少ないです。

不倫人妻


●痴女サークルSAFARI

https://goo.gl/gE7j1J

全国各地の情報があります。コチラは夜な夜な、エロいことをする趣向の女性たちが集まるコミュニティ。

結構な頻度で全国津々浦々、各地でパーティーが開催されているようで、無料メルマガを登録しておくだけで、痴女活動の内容や日程が送られてきます
メルマガ登録した後は、ROM専でも良いし、気に入ったイベントがあればエントリーするのも良し。
痴女イベントに参加した際には後日談として、話のネタになるのは必至です。



●ゆとりの飲み会

https://yutorioffkai.com/
大阪を中心に開催されている既婚者サークルで、ブログに開催情報が投稿され、フォームから参加を申し込む形式となっています。


まとめ

その他、地方でもこのような飲み会メンバーを募集するウェブサイトは多くあります。

これらのイベント参加の相場としては、男性は数千円から1万円程度が必要となりますが、駆け引きなしにとりあえず女性に会うことができるメリットは大きいです。

なお、サクラの心配は一切不要です。
こんなところにサクラを仕込んでも、業者的にはほぼほぼメリットがないですからね。



ちなみに上記で紹介したコミュニティですが、どこも「社会人の交流会」と健全であることを主張しています。
既婚という立場上、出会いには消極的にならざるをえない層が集まる出会いの場というのが実態です。

なお、mixiでも現在「既婚者オフ会」がかつての全盛期並に盛り上がっており、その中でも下記コミュニティがもっとも盛り上がっています。

●既婚者でもオフ会やろっ
https://mixi.jp/view_community.pl?id=5677157

これらのコミュニティのオフ会ではスマートフォンでの写真撮影禁止など、既婚者が参加しやすいルールになっており、出会いありきの女性が多く参加しています。



一般的に出会い系サイトやサークルなどは年齢を若く偽る系が多いですが、mixi利用者の高齢化に伴い30~40代が多いのが強みです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加