【極秘】43のオッサンのくせに、20代の女からモテる男の秘密は、●●●にあった!!

スポンサーリンク

伝説のモテ男・タカシ。

タカシは本当にモテる。
とは言え、正直いって、顔は人並みだし、中肉中背でスタイルがいいわけでもない。
それでも数々の武勇伝を誇る。
結婚している現在も常に何人もの彼女がいるのだ。

最高の美人


身体がもたないから最近は抑えているけど、その気になれば二股どころか10股20股は軽いと豪語するタカシ。

昔から一緒に行動している僕には、彼が決して口先ばかりではないと分かる。
マジでタカシはモテるのだ。


スポンサーリンク

モテ男・タカシが日々行っている努力

さて、読者のみなさんは、タカシがモテるために努力していないと思うだろうか?

「どうせ彼は天才的な素質だけでモテているんだろう」と思っていないだろうか?

確かに、タカシはあまりにも女性からモテるため、蟻が蜜に群がるように何か甘いフェロモンでも出しているかのように見られがちなのだが。



しかし、それは大きな間違いだ。
彼は考え抜かれた努力、練習、作戦といったルーティンワークを実行しているからこそ、“モテる”という結果を手にしているのだとを分かってほしい。



まず、モテない男と決定的に違うところは、モーションをかけるその数。



「数打ちゃ当たる」と俗に言うが、タカシに言わせてもまったくその通りだという。
多くの女性にアタックしないと、多くの女性からモテることはない。
宝くじを買わないと当たらないと同じ理屈だと、笑って話す。

その情熱は相当なもの。
仕事でも新規の会社に営業に行くと決まれば、必ずその会社で最低でも1人の女性とデートの約束を取り付ける覚悟で行くらしい。
いったい、何しに営業に行っているのって(笑)。

しかしながら、彼は現代のサムライのようではある。

モテ男・タカシが自分に課しているルール

彼にも流儀がある。
女性を見るや声をかけ、モーションをかけ、警戒心をとき、デートの約束をとりつけ・・・と進む中で、タカシは必ず自分に課しているルールがある。



それは・・・
アタックした女性が自分に興味がないな、と分かったらすぐに引く
というものだ。



人と人との相性は、言葉で説明できる類のものではない。
しかしながら、自分に合うタイプと、合わないタイプが世の中には必ず存在する。

合わないタイプの女性にアタックすればするほど、相手も引いてしまうし、自分が努力している時間と労力が結局は大きなムダとなってしまう。



相手の気持ちを探ってみて、合わないと思ったらすぐに身を引く。
そしてまたすぐ、懲りずに相性の合う女性を探し、アタックする。



この飽くなきルーティンを繰り返すことこそが、数多くの女性をゲットしているタカシのシンプルなスタイルなのだ。



モテない男性は、往々にして、およそ自分とは合いそうもない女性に固執したりする。
そして最悪なことに、その女性に盲目になってしまうのだ。
結果、本来ならゲットできる女性の存在が近くにいても、スルーしてしまうことになる。



あぁ、何てもったいない・・・。
こんなムダなことは、金輪際やめようではないか。



時には引くことも肝心。
いや、むしろ引くことで、相手の心にいつまでも残る男になれるということもある。

勇気をもって撤退するスキルというのも、モテ男には絶対必要な資質なのだ。


追記/そんなタカシが唯一、使い倒している出会い系アプリ

そんなタカシは、常日頃から美女との出会うための研究に余念がない。
そこでたどり着いた答えが、『出会い系アプリ』を駆使しまくること。

タカシが唯一、認めているアプリがある。
・・・それは【ハッピーメール】だという。

何でも、アダルト掲示板に書き込むのがもっとも効率が良い、などと言っていた。
その書き込みに釣られる女の質量ともに、経験上ハッピーメールがえげつないほど優れていると言ってたな・・・

>>ハッピーメールの「アダルト掲示板」を無料で試すのはコチラ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加