初対面で“美人!”とトキめいたなら、アタックしなきゃ損!

スポンサーリンク


読者諸氏は、こんな誤解をしていないか?
美人は、近寄りがたいとか冷たいイメージがあって、話しづらい。

いつもイイ男に囲まれていて、どうせオレなんか相手にされるはずもない・・・。
そんなふうに考えてしまう人は多いはず。

しかし、断言しよう。そんなことは絶対にない。



美人こそ、実のところ、女性カテゴリーの中で一番“話しやすい”相手なのだ。
さらに、内面的にもいい人が多い。
おそらくそれは、美人は客観的評価をいい意味で気にする部分が強く、

ゆえに内面的にも他人から“好評価”を受けたいと思っているからであろう。

で、ここまで読んでいただけたのなら、ピンときてほしい。
これからは美人と知り合ったとき、美人だからといって、

話しかけるのを躊躇したり、敬遠せず、自分のペースでどんどん話しかけていくべきだということを。
たいていの男性は、美人オーラという最初の壁によって、心理的に打ちのめされてしまい、

それより先に進めなくなってしまう。

だからこそ、競争相手が極めて少ないターゲットであることを理解してほしい。
美人は、男性からのアタックを渇望しているのである。



しかしながら、、、美人が、美人たる所以がある。

そこに読者諸氏をこれまで惑わしてきた理由があるのかも知れないのだが。
そう、美人は、“かわす”のがとても上手だ。
ただ、ただであるが、たったそれだけのことなのだ。

美人はどんな男性ともナチュラルに仲良く会話したり、交流を図ろうとする。

そこで、話しが面白くない場合や、いざデートに誘うと、瞬く間にスルリ、と交わす術を持っている(笑)。
これは幼い頃から異性に人気があり、自分でも“モテる”と認識しているので、

成熟してからうまくかわせるようになったのだろう。

また、「好かれると面倒くさい』とも思っているフシがある。

ならば、一体どうすれば、デートの誘いをかわされずに済むのか?
“異性”として意識させ、「デートしてもいいかも」と思わせるには、どうすればいいのか?



それは、簡単なことだ。



ポイントは、会話の中で【共感作業】【価値観同一化】を繰り返していけばいい。
自分の話しをメインにするのではなく、相手の話を聞くこと、

価値観が一緒であることを相手に認識させていくのである。



美人との会話は、“共通点探しゲーム”とでも考えるとよい。
「この人は、私と似ている」、「趣味とか、バックグランドが一緒だ」という心理状況を

相手に生み出していけば、すでにこちらのペースにはまっている。



自分と似ている人と一緒にいても苦痛ではない。
気が合う人とは一緒にいたい。そういうものなのだ。

これこそが、王道の中の王道。



是非、この視点で、美人を見かけたらアタックしてみてほしい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加