「モテない男」になってはいけない

スポンサーリンク

i phone を眺める美女 今日は、モテない男について考察してみたいと思います。 女性とは縁のなさそうな男の生態に迫っていく前に、 モテない男って、どこか「売れない営業マン」に似ているなーって思うのです。   そこで質問ですが、売れない営業マンは、どのような1日を過ごしていると考えますか?   この、売れない営業マンの実態を観察すれば、ビジネスの本質をよく理解できるかと思うのです。 もしかしたら、読者のみなさんは、売れない営業マンは、 毎日毎日行く先々で、何人もの相手から断られて途方に暮れている・・・ そんな1日を想像するかもしれません。 うーん、確かに繁華街でティッシュ配りや、キャッチセールス、 キャバ嬢のスカウトなどをしている人たちは、そんな感じで1日を過ごしていることでしょう。 でも、そういう人種は極めて少数派なのです。 実際のところ、多くの売れない営業マンは、インターネットカフェや漫画喫茶、サウナなどで、 ダラダラと一日中時間を食いつぶしているのです。   この理由、何故だかわかりますか? それは、そもそも営業する相手先がいないから、なんですよね。 結局のところ、“売れない”ことの本質は、「見込み客がいない」ということなのでしょう。 売りたい商品の説明を聞いてくれる人がいないのですから、そりゃ売れなくて当然ですよね?   これは、モテない男とそっくりです。 モテない男の女性に対するスタンスを聞いてみると、そもそも女性にまったくアプローチしていないのです。   モテない男とはどんな人かといえば、結局のところ、女性にアタックをしていない、 ということとイコールなのです。 売れない営業マンと同じで、誰にも声をかけていないのですから、 そりゃいい思いだってできるはずがありません。   それでは、なぜ女性にアタックできないのか? そこを突き詰めて考えていくと、自然にあらゆる女性とネンゴロな関係になっていけます。   アタックできない理由としては、過去のトラウマから引き起こされる精神的理由か、 あるいは周りに女性との出会いがないという環境面での理由のどちらかだと思います。   それぞれの対策については、長くなるので次回以降のブログで書き綴っていきたいと思います。   今回伝えたかったことは、 女性との新たな出会いを作り続けている男に、モテない君などいない、ということです。

ペアーズ攻略法



【最新】ペアーズ攻略法

クリアネオ 安さの秘密


  • このエントリーをはてなブックマークに追加