女との良縁は、初動がすべてを決する

スポンサーリンク

moteotoko1
昨日、会社の部下から相談があった。



何でも、新規開拓しようと長らく頑張ってアタックしてきた営業先が、
なかなかYESを言ってくれない、どうしたらいいですか?という内容だった。



それに対して、僕はもう一切追いかけなくてよい、諦めろと諭した。

だいたい、新しく取引を始めるのにあくせく営業しなきゃいけない顧客なんて、
もし取引がはじまったら、先が思いやられるというものだ。



コスト面やサービス面で、あれやこれやと要求がエスカレートし、
割に合わない仕事をさせられるハメになることは目に見えている。

そもそもこちらが相当頑張らないと関係値が築けない顧客など、
どこかに無理がある。



どうせそのうち関係が破たんしてしまうのだから、
むしろそんな相手は縁がなかったと思うべきなのだ。

※読むだけで、仕事と恋愛が上手になるメルマガ ⇒ コチラで無料登録


スポンサーリンク

ビジネスと恋愛の共通点

これは恋愛にも言える。
巷では「3回以内のデートで決めろ」という説があるが、
これはあながち間違っていない。
3回会ううちにヤレない女など、そこでスパッと見切るべきなのだ。

友人の中には、10回以上デートを重ねたが、未だに手すらつないでいない、
だがしかしまだまだ諦めずにアプローチをしていくと誇らしげに話す輩がいる。



この例などは、僕に言わせりゃバカの極みだ。
よくもまぁ、そんな先行きが明るくない無駄な投資(お金だけじゃなく、
時間とか労力なども含む)を続ける意思があるなと。

僕も若い頃、恋愛とか人間関係の本質をよく見抜けていなかった頃は、
すぐに手を出さないのが誠実だと思い込んでいたフシもあったのは事実だ。
でも年月を重ね自分の体も精神も大人になるにつれ、
そこに違和感を覚えるようになった。

確かに、女性向けに流布されている安っぽい恋愛書じみたものの中には、
「すぐにヤラせるな」などと書かれているのだろう。
すぐにヤラせたら、やり逃げされちゃって悲しい目にあうよと。



何て無難でチープな意見だろう。
こう書いておけば、女性が早い段階で前へ進む決断を促さない。
よってもちろん、実害も生まれないだろう。

だが根拠もなく無闇に時間を引き延ばしてしまえば、
大切な良縁を失うリスクと経験値が向上しない事態を招くことには全然気づいていない。
かなり底浅すぎる意見。



僕の経験から紐解けば、イイ女は、話がわかる。話が早い。
そもそもイイ女だから、男に「ヤリ捨てされる」という前提がないのだろう。
これは仕事も同じ。
将来的に優良クライアントとなる顧客というのは、
早い段階から驚くほどすんなり関係が進んでいくものである。

※手っ取り早くSEXへ持ち込みたいなら ⇒ このアプリは鉄板かな。
(ご内密にお願いします)


大事に付き合いたいと思う女性にこそ、ビビっちゃいけない

さて、
という訳で、
狙った女性とデートすることに至った暁には、最初から積極的に仕掛けるに限る。

このデートは、あなたを恋愛モードとしてお誘いしたのです」と宣言するもよし。



ボディタッチを頻繁にしたり、手をつないだり、キスを仕掛けたりするもよし・・・etc。
とにかく、友情の延長線上で時間を割いている訳ではないということを、
ターゲットに早く認識させるべきだ。
そして3回以内のデートで白か黒の審判を下すのだ。



いや、とても大事な女性だから慎重に…という声が聞こえてきそうだが・・・
アホかと。

大事だと思う相手にこそ、早い段階で仕掛けるのだよ。
自分のためにも、相手のためにも。

注目、これはおススメ!このアプリで知り合った女は、
話が早い女が多いです。
つまり、「即H」の可能性が圧倒的に高いちゅー訳ですな。
⇒ ハッピーメール




  • このエントリーをはてなブックマークに追加