スポンサーリンク

アナルセ●クスの快感を、シロウト女に開発する悪趣味にハマっています【読者体験レポート】

僕は27歳既婚です。嫁にはガチで、絶対に言えない性癖があります。

その性癖とは、【女性のアナルを責める】ことが大好きなんです。

これは、最近始まったことではなく学生時代からの性癖です。

嫁には結婚前の付き合っている時に、一度だけアナルに軽く指を入れようと試みたことがあるけど、物凄い形相で拒否られてしまいました。
それからは嫁のアナルには一切触れていません(T_T)

でも、そうすると性癖を抑えることができず、どこかで発散させないといけないのです。

そこで俺は、ハッピーメールで適当な女探しを始めたという訳です。

スポンサーリンク

性癖を満たすために、ハッピーメールを利用する

俺自身、アナルを責められている女性が恥ずかしそうに、苦しそうな顔を見ないと本当に満足するセ●クスができない体質なのです。

でも安月給の俺のお小遣いでは、風俗に行くことも、援助で相手を探すこともできないです。

一度でも風俗なんて行ってしまった日には、確実に1ヶ月間昼食抜きの生活を余儀なくされます。

そこで、俺が考えた作戦がハッピーメールのアダルト掲示板に「アナルに興味がある女性連絡ください」という書き込みを毎日続けることです。

実際のところ、レスが来る確率は決して高いとは言えないけど、それでも1ヶ月に5人~10人くらいの女性からはレスが来ます。
たまにホモやゲイからもレスが来ますけどね(笑)

その5人~10人の女性を大事に囲っていけば、少なくとも月に1人~2人くらいはアポを取ることはできますからね。
そして実際に会えさえすれば、セ●クスまで持って行ける確率はほぼ100パーセントなのです。

あとは安いラブホテルを探して楽しむだけ、という訳です。

最近では、下記の記事を参考に、毎月ラブホ代をサクッと稼いでいますが。。。

最近出会った人妻に、ガチ興奮した話

1年ほど、この作戦でコンスタントに成果を上げていますが、今月会う事ができた人妻は印象深かったです。

彼女は、今年28歳になる人妻さんでした。

結婚前に付き合っていた元彼氏にアナル調教されていたらしく、今の旦那はアナルにまったく興味がないとのこと。

久々にアナルを責めて欲しくなって俺に連絡してきたという、願ったり叶ったりの状況。

彼女にしてみれば約2年振りのアナルセ●クスということなので、ゆっくり1時間ほどかけてアナルを拡張してあげて、無事に自慢のデカチンを挿入してあげることに成功しました。

終わった後、かなり満足してくれていたのが嬉しかったです。

またアナルセ●クスがしたくなったら連絡する」と言っていました。

もう一回くらい、会えればいいな~って願っています。
お互い既婚者同士だったので、彼女も安心できたようです。

既婚男性でセ●クスに飢えている男性は、手軽に女を探せるハッピーメールがオススメですよ。
我慢することは、かなりもったいないと思います。

⇒ ハッピーメールの登録は、1200ptも無料お試しポイントがGET出来るコチラからがお得です。ハッピーメールへの登録コチラから


てみじかな女とヤリまくりの人生を謳歌しよう!!

テキストのコピーは厳重に禁止します