スポンサーリンク

冴えない44歳のオッサンでも、セレブ女をセフレ化することができた「あるスキル」とは??

セレブ女
オイルマッサージがなかったら、あなたとは会っていないかもよ(笑)

と、ベッドの上で、俺の隣で全裸で寝転がる巨乳でスタイル抜群のセレブ女(24)に冗談ぽく言われました。

セレブ女

ちなみに、彼女が大学3年生からの付き合いので、かれこれ4年以上も肉体関係がある女です。

ところで・・・
なんで、俺のようなパッとしないオッサンが、S級美女とそんな関係になれるのか?って。

そのカラクリ・・・俺は、オイルマッサージをベースとした【性感マッサージ】を前戯として女にやってあげています。

これが思いのほか、女どもにめちゃくちゃ好評なのです。

その見返りに、セックスができるという訳です。

エロいマッサージ

女ってのは、気持ち良いことが好きですよね。
だからマッサージにもコロっとハマってしまうのでしょう。。

このマッサージの腕のおかけで、いつでもセックスができる関係を繋ぎとめている女が何人もいます。
そして新規のセフレ美女をゲットするのも、正直な話、楽勝でしょう。

スポンサーリンク

いつでもヤレる、セフレを囲うためにすべきこと

人間って結局、自分のことが一番可愛いじゃないですか。
基本的に、みんな自分のことしか考えていません。

つまり、何にするにせよ、『自分にどんなメリットがあるか』を常に考えています。
あなただって、そうですよね??

だから、自分にメリットが何ひとつなかったら、その場からはダッシュで逃げます。

例を挙げて説明しますね。

「このフルーツは、味もなければ栄養も皆無です。満腹感も満たされなければ、喉も潤いません!」

と、謎のフルーツが売っていたとします。

では、あなたは、そのフルーツを食べたくなるでしょうか?

・・・・(;^_^A
絶対に、食べたくなんてならないですよね。
それは、あなたがその謎のフルーツを食べるメリットが何ひとつないからです。

それでは、

「このフルーツを食べれば、ビタミンCのおかげでお肌がツルツルなり、しかも、勃起力まであがっちゃいます!」

このようなフルーツだったら、いかがでしょうか??
そのメリットに惹かれて、思わず買ってしまう人が普通に出てきます。

つまり、女とセックスしたいと思ったら、女性にも多少なりと抱かれるメリットを提供しないといけないわけです。

メリットは何か、というのは女によってそれぞれ変わってくるので、それを見つけるのが難しいところではあるのですが。

それは例えば、「愚痴を聞いてくれる」ことにメリットを感じる女もいれば、「一緒にいて勇気を貰える」ことにメリットを感じる女もいます。

また、ただただセックスで気持ちよくなれることに、ものすごくメリットを感じる女もいます。

あなたがどうしてもエッチしたいと願う女は、どんなことがメリットになるのかを見極めて、それを提示すれば、抱けちゃうという訳です。

性感マッサージをマスターすることは、実はめちゃ簡単

そういう俺は、このセレブ女に対しては「マッサージ」という快楽を提供しているわけです。

そうすることで俺は性欲を発散でき、相手の女もカラダ全体が気持ちよくなりストレスを発散できる。

これは、どっちが得をして、どっちが損をするとかではなく、【どっちも得をする】関係なのです。

かなり公平です。

なので、予定さえ合えば、何の駆け引きもなく、いつでも気軽にセックスできる関係が、数年間に渡り途切れてないわけです。

一方だけが損をし続ける関係は、破綻しないほうがオカシイですからね。

セフレ女

「ヤリまくりたい!!」

「あの美女とセックスしたい!!」

と、ついつい心の中で叫んでしまうでしょう。
そういう時ほどエゴの欲望ばかりが先走って、相手のメリットを度外視しがちです。

俺を筆頭に、男というのは自分の快楽にばかり目がいきすぎて、相手のメリットを疎かにしまいがちです。

あなたの狙う女性は、あなたとセックスすることにより、どんなメリットがあるのでしょうか?

つまるところ、考えるべきこと・・・あなたは女性に対して、何をメリットとして提供していきますか?

ここをしっかりと見定め、そして提供できる男が、女性と長期間に渡り肉体関係を続けられるのです。

ちなみに、女を虜にする【性感マッサージ】は、俺はこの本が非常に参考になりました。

↓↓↓
http://1yorokobi.com/SexSympathy/

スタイル抜群のエロいモデルさんを使って、動画&写真付きマニュアルで解説してくれているので、実践していくイメージがしやすいです。

しかも、全裸&モザイクなしの写真満載なのです。

この作者、かなりわかっています(笑)

エロおじさん
【性感マッサージ】をマスターしたらモテる。・・・これは、大昔から言われ続けてきた真実なり。今の時代、いろんな教材の普及で習得しやすくなっていて羨ましいぞ。