催眠術を使って、7人のキャバ嬢を次から次へと瞬時にイカせてしまった実践記

スポンサーリンク

『催眠術』って、信じますか?

正直なところ、僕はこれまで全然信じていなかったです。
そんなもん、テレビの演出の話やろ?と。
知性も理性もある人間が、あんな騙しごとみたいなのに、かかる訳がない、と。

エロい催眠術
でも、その考えが、完全にくつがえされてしまうことが起きたんです。

実際、信じられませんでした。

催眠術の名手にかかれば、本当にテレビのバラエティで見るようなことになってしまうんですね・・・
ガチで目の前であのような光景が起こってしまうと、最初はショックを隠せなかったですよ。

「えっ・・・これホントマジ??」みたいな。

スポンサーリンク

催眠術は多くの女が集うイベント、合コン、パーティー、デートに使える特技になる

事件は、令和元年の夏に起こりました。

「夏だし、バーベキューに行くか」と、自分の行きつけのキャバクラにいるキャバ嬢を7人ほど連れて行った時のことです。

エロい催眠術
そこに、僕の友人である【催眠術の使い手】(※高木さん<仮称> 44歳、男)も呼んであげたんです。

正直、彼のことはうさんくせーなーとしか思っていなかったのですが、なかなかメンツが集まらず、仕方がなくてしぶしぶ呼んだんですね。



彼が「催眠術を使えるよ」と吹聴しているのは知っていましたが、その時僕はまだ見たことがなかったんです。

「どうせ、ハッタリだろうし、相手にするだけ無駄」という感覚でした。



さてさて、バーベキューと言いつつ、実際はそれがネタで、結局は合コンみたいなもんです。
なので、男女のコミュニケーションを円滑にするための、何らかの『イベント』が必要になってきますよね。

そこで僕は高木さんに、

そういえば催眠術使えるんですよね?よかったらここで、女の子に催眠術を披露してみてくださいよ

と提案してみました。



すると思いのほか、女の子もキャッキャキャッキャして騒いでいます

高木さん
わかりました、じゃあ、やってみましょうか

そういって、高木さんはおもむろに女の子を1人呼び、催眠術をかけはじめたんです。

・・・これがキッカケとなって、予想以上に“すごい会”となってしまうとは。

キャバ嬢を催眠術の罠にかける

ちなみにまぁそのへんは、さすがはキャバ嬢
今回、女の子は総勢7名が来ていまして、あまりにも女の子全員のレベルが異常に高く、すっかり高木さんは気をよくしていました。

なので、高木さんも張り切りすぎたのか(;^_^A、次々に女の子に催眠術をかけていった訳ですよ。

エロい催眠術
すると・・
腕が固まってしまったり、
両手がくっついて離れなくなったり、

はては、
立ったままゆらゆらと揺れが止まらなくなってしまったり、
声がでなくなってしまったり、

見事なまでにも、色々な催眠術をかけてくれて、かなり面白い催眠ショーが繰り広げられました。

これは本当に、まるでテレビを見ているようでした。



自分のこの目でリアルに見たので、もはや催眠術の存在を信じるしかありません。
僕の中の常識が、完全に覆された瞬間でしたね。

催眠術で、女の子を本当にイカせてしまった・・・

女の子もすごく面白がって大盛り上がりだったのですが、その中でも一番可愛いと言われていたアイドルみたいな女の子ユリちゃんがものすごく深い催眠状態に入ってしまったんですよ。

だからなのか、高木さんも思わず、【エロい催眠】まで掛けてしまったんですね。



その1つは、【手の甲がオッパイになってしまう】という催眠術。

これがかかってしまうと、手の甲をさするだけであんっ♡ アッ。。。と悶えてしまうんです。

そんな様子を、みんなすごく不思議な顔をして眺めておりました。

エッチな催眠術



もちろん、ユリちゃんの甘美な喘ぎ声に男性陣は興奮を隠せず、チラッと下半身を見ると、みんなテントが張っておりました。。

もちろん、僕もメチャクチャ、フル勃起しちゃいましたが(;^_^A



そして驚いたのは、この催眠術にかかってしまうと、関節のところがちょうど乳首になってしまうようなんです。

だから、ちょっとでもそこを触ると、ものすごくのけぞって反応してしまいます。

周りで見ていた女の子が面白がって、舌でペロッと舐めた瞬間・・・ビックリするような大きな声を出して反応していました。



で、僕も!と思い、ユリちゃんの手の甲をぺろりと舐めてみたのですが、そのときの反応と言ったら、それはそれはすごいものでした。

「あー、ユリちゃん、エッチするときはこんな感じなんだ」

とゲスい妄想が離れなかったですね。

エッチな催眠術
その次に、【手がオマ〇コになってしまう】という催眠に進化していきまして、高木さんがユリちゃんの手の中に指を一本、二本と入れていったら・・・



そこからはもう、どんどんユリちゃんは乱れていっておりました。
止まらない、たまらない、といった感じで狂い始めました。

指を鳴らすごとに感度が二倍、三倍、四倍、十倍となる催眠も織り交ぜて、最後は、声を上げて完全にイッてしまいました。。。

終わってからユリちゃんはかなり恥ずかしそうに照れていましたが、すごく不思議な感じで、

ユリ
頭も身体もすごくスッキリ爽快

だと言っておりました。



ちなみに、誤解のないように説明させていただきますが、催眠をかけられている時も意識はしっかりとしているので、嫌なことをされたら拒否することもできます。

催眠をかける過程でユリちゃんには承諾を取りながら進めておりしたので、スムーズにかかったというわけです。

初めて見た催眠ショーでしたが、催眠術を覚えると、確実に女の子をエロくし、喜ばせることができますのでこれは使えるゾ!と改めて認識した次第です。

女をエロくする催眠術は、独学でマスターできる

悔しくて、僕も催眠術を積極的に覚えてみようと思いました。
だから、高木さんに「教えてください」と素直に頭を下げました。

そしたら、まずはこの『全身性感帯催眠』を見てマスターしてみろ、と言うじゃないですか。



何でも、高木さんもこの教材からスタートしたのだと。
正直、誰に教わるでもなく、この教材さえマスターできたら催眠術は普通に使えますよと。



まさにそれを信じて、僕は早速取り寄せて、いま実践中です。
もし使ってみて、マスターできないような教材だったら、申し入れれば【全額返金】が保証されているということなので、サクッと行動しました。

エロい催眠術


で、キャバクラに行って、キャバ嬢相手に練習をしている最中です。
僕の技術は今のところ、やり始めて1か月くらいですが、キャバ嬢の反応を見ていると、まだ催眠術がかかったのか、かかっていないのか、みたいな感じですかね。

エロい催眠術


ただ、催眠術のメカニズムと、その実践方法は完全に身に着けたので、あとは場数をこなすだけかなーとワクワクしています。



モテスキルとかに走るのもいいんですけど、ワイイ女の子をゲットしたけりゃ、【催眠術】をマスターするのが手っ取り早いですね。



まぁ、良かったら、あなたも是非挑戦してみてください。
催眠術にかかった女の子を眺めているのって、かなり面白いもんですよ。

>> 『全身性感帯催眠』の詳細はコチラをCLICK



実際、催眠術を悪用して女の子とヤリまくっている輩も多いのは事実だからな~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加