女ウケの良い香水『●●●』を使ってみたら・・・思いもよらぬ、まさかの展開に!!【読者投稿】

スポンサーリンク


これは3年前の話です。
当時僕は上司との関係がうまくいかず、本社勤めから、とある地方の新規事業立ち上げ部門へと左遷を命じられました。

左遷
ただ、会社としては停滞している新規事業をなんとかしたい気持ちが強かったようで、出発前に人事から呼び出しがあり激励されました。

さらには、異例な額の支度金などを渡されたのです。



そして僕の一番の楽しみは、そこに「えげつないほど、美人の派遣さんがいる」というのが本社でも噂になっていたので、自分としては心機一転、期待を込めてのリスタートでした。

そんなこんなで気合いの入れようはハンパなくて、周りの友人が使っていてめちゃくちゃ評判のよい『女にモテる香水』を入手して現地へ赴きました。

スポンサーリンク

噂の派遣美人の正体

さて、支社に赴いて最初に目に飛び込んできたのは、噂の美人な派遣さん。
確かにモデルみたいな・・・スタイルがビックリするくらい良くて、まさに「これぞ美人と惚れ惚れしちゃうような女性でした。

美人派遣社員
しかも、本社から来た自分に興味があるようで、嬉しいことに向こうから親切にどんどん話しかけてきてくれたりしたのです。

そんな訳で、彼女とはすぐに仲良くなれました。



しかし、私についてくれた営業事務の女(メガネちゃん)はあの女だけは、やめとけと忠告してきます。
最初はひがみかなとも思っていたのですが・・・あまりに何度も言うので理由を聞いたところ、一度、鼻を触ってみてよ。それと、干支も聞いてみてとのこと。



「何だそれ・・・」って感じでしたが、美人さんの顔タッチをする機会を探ることにテンションがあがり、「鼻に何かついているよ」って触ろうとしたところ、ものすごく拒否されて、ちょっと引きました。



そして別の機会に「干支は何?」と聞くと、僕より1個上だと聞いていたのですが、なぜかしどろもどろ。

・・・そうなんですよ。
まさかの整形美人のうえ、年齢詐称でした。
しかも本当のところは、僕より7つも上だったというオチつき。



別に整形も年上も嫌ではないのですが、騙された感が半端なくて、すーっと彼女への気持ちは冷めてしまいました。

その後、その派遣美人と同じ高校だったというメガネちゃんの先輩から卒業アルバムの画像を送ってもらったと見せてもらい、騙されていた感がピークに達しました。

その写真に写っていたのはまさに“別人”で、美人というよりかは、いわゆる“量産型”の普通の女の子だったのです。

女にモテる香水の威力

教えてくれたメガネちゃんにお礼をと、その地元のちょっとリッチなビストロに招待しました。

その時、なぜか僕も出かける前にせっかくだからと【モテる香水】を全身に振りかけていったんですよね。
それがまさか、その後の展開につながるとは、このときは知る由もなく。。。



で、ビックリしました。
現れたのは、「お前誰?」ってくらいオシャレな女の子。
女って、衣装とメイクでこんなに変わるんだなと、再度ビックリした次第です。

「実はキレイなんだね」と誉めると、あたしは天然だぞと。



思い切って、そのビストロでの食事中に告白して、その後の流れはムフフな展開です。

しきりに、亮さん(僕のことです)って、ずっとイイ匂いするなと思っていたんだよねと褒めてくれていました。
フェロモンのような何とも言えない心地良さを感じる、なんて褒めてくれました。

美人派遣社員との情事


やっぱり、あの香水って女ウケはバッチリなんだなー、とこの時に実感。



それをキッカケにメガネちゃん(オフではコンタクトちゃん)と付き合いはじめ、仕事の方はアベノミクスによる好景気にも後押しされて事業は軌道に乗り、次の異動で本社復帰が決まりましたので、こちらで記念報告させていただいた次第です。

ちなみに僕たちは既に同棲していますが、本社に戻ったら両親にも紹介して再来月にでも挙式予定です。



ところで、かなり余談になりますが、美人な派遣さんのその後ですが・・・
その新規事業の取引先の役員さんの後妻に無事収まり、今では【ゴージャス美人】に格上げしているそうです・・・
おっと、これは蛇足報告ですね(笑)。



ちなみに気になっている方もいるかと思いますので、教えておきますね。
僕がつけていた香水はコチラです ⇒ 『ボディセンス』




この香水が、彼女とのご縁をとりもってくれたんだなぁとつくづく感謝しています。
匂いはファッションの一部ですし、香りで自分を演出してみたいメンズは、ちょっと試してみてください。

きっと、その日から女ウケが変わってきますよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加