スポンサーリンク

PATO(パト)で30分9,000ポイントの女を4,000ポイントに値下げして呼ぶ方法

パパ活しているSSS級の美女とウェーイって騒ぐために。
あるいは、キャバクラに行く代わりに。

そんな時は、『PATO』(パト)というアプリを重宝しているという人も多いだろう。

このPATOだが、女性が会員登録するには運営サイドの厳格な面接審査があり(顔面偏差値が問われる)、ガチで美女しか登録できない仕様になっている。

なので、PATOから女の子を調達すると、テンション激アツな美女がやってくるのは間違いないのだが、問題はその値段。

女性キャストの登録ランクにもよるが、恐ろしく高額な女性キャストもいる。
たとえば、30分で2万円もするような登録女性キャストもいたりして・・・

このあたりがPATOユーザーにとっては非常に悩ましいところだろう。

そこでこの記事では、『PATO』でSSS級美人を安く呼ぶ方法をお伝えしていく。

スポンサーリンク

ほとんどの男性が知らない、PATOガールを安く呼ぶ方法

意外にも、PATOガールを安く呼ぶ方法を知らない人が多いのではないか。
そこで、とっておきの方法を教える。

ただし、ここで教える方法は「コパト」(1-1で女の子を呼び、食事なり飲みなりする方法)のみで有効な方法だ。

※パトの使い方、パト用語がわからない人は、コチラの記事を参照してください。

その方法とは・・・シンプルに女の子と交渉するだけ!

馬鹿正直に、表示金額のままコパトをオーダーするのではなくて、まずは気になる女の子にコンタクトをとってみて、

「ポイント下げてほしいのですが、〇〇〇ポイントくらいでいかがでしょう?」

と率直に交渉してみると良いのだ。

すると、直前で予定が埋まっていない女の子だったら、場合によっては半額まで下げてもらえることもある。
これは僕の経験談だが、元値が13,000ポイントだった女の子が、当日コパトをオーダーしたくって交渉したら・・・何と5,000ポイントで値下げしてくれた!

実に60%ダウン!

そのほか、9,000ポイントの女の子は4,000ポイントにディスカウントしてくれたりとか、普通にあるケース。

男たるもの、美女にはちょっといいところを見せたくなって、値切るなんてありえない・・・な~んて考えの人もいるかと思うが、懐具合の管理はやはり重要。

ここは恥を偲んで、値下げのお願いをしてみると、意外にもスンナリと応じてくれることがよくある。

このように、値段交渉ウェルカムなパトガールもかなり存在する

ちなみに、値下げしたパトガールと実際会ってみても、値切ったから愛想が悪いかとか全然そんなことはなくて、皆、普段と変わりなくとても明るく接してくれた。

パトに関する一考察まとめ

このように考えると、パトはアプリ上で女の子にメッセージし放題なところがすこぶる良い点だ。
つまり、ものすごいSSSS級の美女であっても気兼ねすることなく、コンタクトが取れる。

ここが、ペアーズやwith などといったマッチングアプリと比べて、明らかに優れている点だろう。

普通のマッチングアプリだと、カップル成立しないとメッセージが送れないけど、パトの場合は目ぼしい女の子を見つけたら、こちらから勝手にいいねを送り付けて開通させれば、一方的にメッセージが送れるうえに、そこからは会話のし放題。

なので、会う前にすでにある程度の関係値を築いたうえで、コパトするっていうの手もアリだね。

PATOの使い方

また、今回お伝えしたとおり、自分の予算に合うように、片っ端から交渉メールを送り付けるという荒ワザも難なくできる。
そこで無事に交渉が成立した女性をコパトで呼べば良いからね。

コロナ禍の今、パトガールたちは供給過多で余っている様子。
あなたからコールされることを心待ちにしているぞ!

ちなみに、まだ『PATO(パト)』を体験したことがないという人は、下記から登録すれば、

なんと!!

1万円分タダで利用できるから、お試しでやってみるときっと楽しいよ!

(※登録はスマホからのみ可能)

CLICK!!   >> PATO 1万円クーポン付きお試し登録 <<

※上記のように検索設定し、30分2500円の女性を選べば、何と2時間タダでSSS級の美女と2人きりの甘い時間が過ごせる!!
テキストのコピーは厳重に禁止します