スポンサーリンク

東北在住の主婦が告白。不倫願望がガマンできない女の【性欲解消法】とは?

東北在住の主婦・真美(33歳・主婦)がこの記事を書きました。

真美
東北地方ならではの、ありのままの主婦の実態をお伝えします。

芸能人の不倫がずいぶんとニュースになっていますね。
最近では、あるお笑い芸人の「奥さんは美人モデルなのにトイレで密会していた」というニュースは記憶に新しいところじゃないでしょうか。

「夫が仕事で不在のときに不倫相手を自宅に呼び、そこに夫が帰ってきて修羅場になった」というアイドルもいました。

こんなふうに芸能人ばかりが取り沙汰されていますが、私たち一般人も不倫をしていたり、あるいは不倫願望があったりする人がたくさんいますよね。

私が住む寒い北国の東北においては、既婚男性に限らず主婦の中にも人肌恋しくなったりすることがとても多いです。
全国的に見ても、東北地方というのは人妻不倫がかなり多いのではないでしょうか。

その手の専門出会い系サイトを見ても、女性のライバルがかなり多いですから・・・(;^_^A

そんなこんなで、不倫経験者の中には「平凡な人生に起きたハプニングだ」と不倫を評する人がいますが、東北地方の主婦は一体どんな時に不倫願望を抱いてしまうのでしょうか?

東北の人妻不倫事情に、女性目線から迫っていきます。

スポンサーリンク

「不倫したい」、「浮気したい」と、ふと頭をよぎるのはこんな時

wife

東北に限らず、女性側が不倫をしたいと考えるきっかけは夫が原因であることが多いです。
夫婦といえど、それなりの期間が長くなれば、だんだんと女性扱いされなくなって当然っちゃ当然な話ではありますが。

人妻で背徳感を感じつつも、心と身体が寂しくなった時には、出会いを求めて、ふと出会い系アプリに手を出してしまうのです。

それはどんな瞬間かと言うと・・・

夫婦間に刺激がない

毎日同じことの繰り返しの生活、マンネリ化した刺激のない生活に飽きてしまう。

夫に嫌気がさす

イヤなところが目に付くようになり、そこから夫のことが「キライ」へと発展していく。

スリルを味わいたい

知り合いの主婦で以前、不倫をしていた人がいます。
彼女が出会い系アプリを使って最初に出会った男性に、会うなり「ビビッと来た」、「好きなので付き合ってほしい」と情熱的に告白されたそう。

そこは彼女、初めての経験なので本当にびっくりしたそうです。

そんな彼女も結婚しているわけですから、特に不倫願望はなかったようなのですが、「いけない世界に足を踏み入れてみたい」という気持ちが沸いてきて、お付き合いをするようになったのです。

この手の主婦は、案外多いのですよ。

心ときめく恋がしたい

先ほどの彼女は結婚2年目の幼な妻で子供はいませんでしたが、ちょうど夫に対するトキメキも下降気味な時期。

主婦とはいえ女ざかりの年齢ですから、心ときめく恋がしたい、まだまだオンナとして見られたいという気持ちもあったのかも知れません。

自分の居場所が欲しい

ささいな夫婦ゲンカが多い時期だったそうで、自分の居場所が欲しかったり自分を求めてくれる相手が欲しかったりしたのでしょう。

そんな時に、手軽に相手を探すことができる出会い系アプリはピッタリ、ということですね。

不倫相手にするなら・・・東北在住人妻が掲げる理想の男性の条件

wife in Tohoku

夫や家庭の不満が原因で「不倫したい」という気持ちを抱く主婦が多いので、男性にはその不満とは逆の条件を求めるのではないでしょうか。

求めている男性像は、【夫には持ち合わせていない性質を持っている】男性です。

頼りがい

一緒にいてホッとする、安心感がある。
頼りがいのない夫といてもため息が多くなり、心は落ち着きません。

カラダの相性がいい

実際のところ、夜の生活に不満がある主婦はかなり多いのです。

出会い系サイトで引っかけた男性とは、義務的な儀式のようなセックスではなく、お互いが心から求め合えるセックスをしたいと考えています。

なので、まずは会ってヤルことをヤルところからスタートするのがほとんどです(笑)。

ありのままの自分を受け入れてくれる

家では【妻】であり【母】でもあるので、なかなか「素」の自分でいることができません。
なので、「素」の自分を晒すことができ、そんな自分を受け入れてくれる男性。

簡単にいうと、甘えさせてくれる男性。

価値観が合う

同じ温度感で過ごせる、一緒にいて居心地のいい男性。
・・・それこそが、相手に求める一番の条件です。

家庭の事情をわかってくれる

主婦ですので、当然、家庭があります。
子どもがいれば「〇時までには帰らなきゃ」ということもあるかも知れません。
帰る時間がやって来るのは寂しいことですが、家庭のある女性とお付き合いしている以上、そのあたりにも配慮してほしいです。

車の運転が上手

雪国である東北では不倫相手と車で出かけるのがデフォルト。
不安定な雪道の運転が上手だったら、女性もキュンとしちゃいます。

東北は交通手段が乏しいので、男性はたいてい車を持っていますが、そもそも「車を持っている人」というのは絶対条件になりますね。

「絶対に不倫したくない」・・・こんな男性はNG!

既婚者合コンの人妻

出会い系で知り合ったら、【とりあえずはヤってから決める】というパターンになるのですが、下記のような人とは二度とリピートしません、という基準があります。

奥さんの尻に敷かれている

「今から家に帰るから、この時間から明日の朝までは絶対LINEしてこないでね!」などと、奥さんにバレないように常にビクビクしている男性。
バレないようにするのは大事ですが、一緒にいてもこのような状況だと女性はガッカリしてしまいます。

常に上から目線

不倫相手に限らず、自分のことを自慢したり人を見下したりするような男性はイヤなものです。

あまり会えない素振りを見せる

「せっかく付き合っているのに会える時間がない」ことほど、寂しいことはありません。

お金がない

会うときはたいてい人目がつかない場所で会うのですから、ちょっと遠くのレストランに行ったりホテルに行ったりしますよね。

そうするとお金がかかります。
もちろん、すべて男性側が支払うということは少ないですが、自由に使えるお金をある程度持っている人が嬉しいです。

バリバリの都会人

東北の人間はナマっています。
公用語は「東北弁」です(笑)。

だから、都会の標準語の人と話すときは、なるべくナマリが出ないようにしています。

都会人と話す時は、「東北弁」が出ないよう、頑張らないといけません。
なので、都会の人と話すだけで疲れるし緊張してしまいます。

実際に私も標準語の方とお話しするのはとても苦手です。
また東北人は控えめなので、「我々は田舎者だから、都会の人たちより劣っている」という気質があります。

つまり、都会人とは同じ温度や価値観を感じられないのです。

よって、長い間お付き合いしていく相手を選ぶとすれば、イケメンで優しいバリバリ標準語の男性がいたとしても、東北の主婦はブサイクな東北人男性を選ぶことでしょう。

東北地方の人妻と不倫願望がある男性にアドバイス

それでは、ここで結論。

イケメンでなくても全然良いのです。
そしてエリートなんかじゃなくても全然良いのです。

大事なのは、【女性のありのままを受け入れてくれる、価値観の合う男性】であること。
そして「できれば同じ東北人が良い」と考えるのも、東北女性の性でしょう。

東北は田舎なので車の中の逢瀬が多く、駐車場の端っこなどで車の中でギュ~している光景をときどき見かけます。
男性の車の中は、そんなホッとできる甘い空間になっているのです。

私の知り合いの主婦も、お互いの会社帰りに街の外れの駐車場で待ち合わせして、車で会うことがほとんどだったようです。

くれぐれも「相手は主婦で、家庭がある」という配慮を忘れず、ステキな人間関係を築いてほしいです。

もちろん、セックスで気持ちよくさせてあげるという男らしさは絶対に必要です。
女だって、「セックスしたくて出会い系アプリに手を出しているのだ」という事実をお忘れなく。

主婦目線から教える!不倫願望主婦と出会えるサイト&アプリ3選!

私が実際に使ったのと、周りの不倫仲間人妻(笑)たちから高評価を得ている、【東北不倫人妻が絶賛する出会い系アプリ】のベスト3を発表したいと思います。

不倫ジャンルは、総合的な出会い系サイトで相手探しするよりは、不倫に特化したサイトのほうが、濃い相手が見つかりますね。

下記にて紹介するのは登録無料系のサイトなので、まずは気軽に登録してみて。
サイト内を物色してみたら、気になる人妻はすぐ見つかりますよ。

いくつ登録してもタダなのだから、どれか1つと言わず、もはや3つ全部登録しておいて、不倫人妻との出会いのチャンスを増やしてください!

1位 『不倫人妻情報館』


「不倫が趣味」という人妻が、自らの経験を元にプロデュースした人妻との出会いに特化したサイトというだけあります。

というのも、細かな検索が簡単にできるので、求めている女性と出会える確率が高い!
使いやすさもGood!

WEBサイトへGO!

2位 『密会』


こちらも不倫願望マンマンの人妻向けのサイト。
圧倒的に女性比率が高いから、サクッとエッチしたい時には重宝すると思います。

WEBサイトへGO!

3位 『Belle de jour ~既婚者のための出会いの場~』


「結婚してからセックスが極端に少なくなった」
「嫁以外に、別の女性を抱いてみたい」
・・・そんな願望を叶えてしまうのが、Belle de jour。

背徳感いっぱいの出会いに、ドキドキは最高潮に達するでしょう。
もちろん、「人妻を抱いてみたい」という独身男性にもおすすめです。

WEBサイトへGO!

東北地方は、不倫が多い独特な地域だよね~。
しかも、セックスにまったく抵抗ないことにはビックリするよね!
テキストのコピーは厳重に禁止します